先生ブログ


by s6zyglduco

「富士見事件」忘れないで―被害女性たちが手記出版(医療介護CBニュース)

 30年前、埼玉県所沢市の産婦人科病院が、「子宮がんで命が危ない」などとうその診断をし、診療実績を上げる営利目的で健康な子宮や卵巣の摘出手術を繰り返した、いわゆる「富士見産婦人科病院事件」。この事件の被害女性たちでつくる被害者同盟・原告団が、事件の経緯や当時の思いをまとめた手記を出版した。

 「富士見産婦人科病院事件 私たちの30年のたたかい」は、被害者同盟・原告団の女性約10人が編集委員会をつくり、61人の原告女性たちの体験談や裁判記録のほか、被害を訴える30年にわたる活動の記録をまとめたもの。
 被害者同盟・原告団は、事件を風化させることなく、これから医師や看護師を目指す学生や若い女性たちにも知ってほしいという思いから、医学部や看護学部のある大学や全国の図書館などにこれまで約800冊を寄贈した。

 編集に当たった小西熱子さん(被害者同盟代表)は6月15日、厚生労働省で記者会見を開き、「30年という月日がたって、事件が忘れ去られていたり、そもそも知らなかったりするのが現状。一人でも多くの人に読んでいただき、改めて私たちのことを知ってほしい」と、出版に懸ける思いを語った。


【関連記事】
医療刑事裁判の適正化には「過失」の明確化を―日医総研
死因究明のモデル事業、見直しの方向性を提示
医療事故で賠償できる医療費の設定を
民主・医療の無過失補償制度議連が設立総会
昨年の医療事故関係の届け出など152件−警察庁

<五所川原市長選>平山氏が再選 青森(毎日新聞)
<福島・社民党首>「私は菅内閣の生みの親」(毎日新聞)
<陸自隊員暴行死訴訟>両親と国和解成立 東京高裁で(毎日新聞)
「読売新聞に抗議したい」 荒井戦略相(産経新聞)
昭和61年・衆参ダブル選 中曽根「死んだふり解散」(産経新聞)
[PR]
by s6zyglduco | 2010-06-19 05:20